テアトルアカデミー オーディション

テアトルアカデミーオーディション 面接審査合格の秘訣

テアトルアカデミー 一次審査合格証

一時の書類審査に合格すると、A4サイズの封筒に入った
一次審査の合格証と次の面接(オーディション本番)についての詳細が送られてきます。

 

オーディションの詳細が書かれた書類には

 

オーディション開催日時

会場の場所・地図

 

が明記されているので、日時をしっかり確認して
当日会場であるテアトルアカデミーの各校に向かいます。

 

 

 

オーディションの流れ

 

テアトルアカデミー オーディションのながれ

 

初めての事ばかりでドキドキですが、ここを突破すれば
子役のスターになる夢に一歩近づきます。
合格しやすいコツや気をつけたいことなどもあります。

 

 

オーディション当日の子供の様子について

 

オーディションの当日は、受付後からは実際に面接を受けていない時間も
常にスタッフの方がお子さんの様子を見ています。
ずっと嫌がって泣いてばかりのお子さんや、お話を聞かずに大騒ぎするような場合は
落ちてしまう可能性は高いようです。

 

『子供らしさ』は必要でしょうが、その場の状況に馴染めないというのはNGなのではないでしょうか。

 

 

カメラテストや実技テストの時の親の受け答えについて

オーディションの時には、面接官や審査員の方から

 

「お子さんの良いところは?」
「お子さんのアピールポイントは?」

 

など、親に対して子供の事を質問されることが多いです。
普段から子供のいいところをよく観察し、すぐに答えられるようにした方がいいですね。

 

これは、子役だけでなく赤ちゃん部門の方は特に子どもが話せないので
親がどれだけ我が子のいいところをアピールできるかが勝負になります。

 

 

実技テストの内容

その会場や募集時期などによって違うし、年齢でも変わってきます
うちの場合は、上の娘(4歳)の実技テストは「簡単な一言のセリフを言う」でした。

 

もっと大きくなってくると、ある程度の長いセリフや誰かとのやり取りの芝居、
歌などのテストになってくるようです。

 

ここでも、どれだけ上手かという事も大事でしょうが
まだ芝居なんかはしたことがないでしょうから、その時の表情なんかを
見ているのだと思います。

 

 

これらが終わったら、後は審査を待つのみ。
1週間程度で合格通知が届きます。

 

 

 

↓オーディションは無料で受けられます^^詳しくはコチラ↓

テアトルアカデミーオーディション申し込みボタン